自作エレキギターに挑戦!(その13・トップ材ニス塗り)

3月7日

今日は、マホガニー材の水磨ぎに続き、トップのメイプル材にニスを塗る。

 

端にダークブラウンのニスが漏れたので、その対策を五つ考えたのだが…、

 

①うすめ液で落としてみる

②この部分だけまた削る

③いっそのことトップ全体を削ってやり直し

④サンバーストにしてごまかす

⑤トップ全体にこのニスを塗ってしまう

 

①と②は失敗に終わった。

②がダメだったのだから、③はボツ。

 

f:id:ShojiSpecial:20180307094808j:image

残るは、④か⑤だが、やはりこの虎目を生かしたいので、④にしたい。

もし④を失敗したら、⑤にすることもできる。

 

④にしろ⑤にしろ、トップにはニスを塗ることになる。

なぜなら、ニスで汚したものを隠すのだから、同じ色を塗るべきだが、同じ色の塗料を探すのは困難だからだ。

本当は、トップだけでもオイル・ワックス仕上げにしたかった…。

 

さて、④のサンバーストだが、これは難しそうだ。

ある人のブログでは、きれいに仕上がらなかったので、結局全面に濃い色を塗ってしまった。

上手くいくだろうか…?

サンバースト着色は、普通は塗料で行うのだが、それを僕はカラーニスでやろうとしている…。

不安だ…(-_-;)

 

そこで思い付いた。

先に全面にクリヤーニスを何回か塗って、その上からダークブラウンのニスを塗れば、失敗しても削ってやり直しが効くのではないか?

 

…ということで、ニス塗り開始!

 

ここでふと思ったが、最初にサンバースト塗装をした人は、フチ部分の失敗を隠すためにやったんじゃないか?(笑)

 

f:id:ShojiSpecial:20180307095120j:image

バインディングからサイドをマスキング。

垂れても拭けば間に合うところまで貼ればいいか。

f:id:ShojiSpecial:20180307100017j:image
完了!


f:id:ShojiSpecial:20180307100330j:image

これから使う物を用意。

ついでにまだ色が薄いヘッドも塗ってしまおうと思い、ダークブラウンのニスも。


f:id:ShojiSpecial:20180307100654j:image

クリヤーのニスをカップに。

そして一気に塗る!

f:id:ShojiSpecial:20180307101610j:image

汚れ拡散防止のため、ここは最後に塗る。

f:id:ShojiSpecial:20180307102026j:image

塗った! 汚れは拡散しなかった。

ちなみに、クリヤーのニスは垂れてもよく見えない💦

何ヵ所かマスキングテープを越えて垂れたが、すぐにティッシュで拭けば大丈夫だった☺💨

しかしこのおかげで新たな発見!

垂れたニスをすぐ拭き取ると、ツヤツヤな仕上げになる!


f:id:ShojiSpecial:20180307102525j:image
ヘッド周りもマスキングし、先ほどの刷毛は薄め液に漬けたので、色が薄くなることを恐れ、別の刷毛で、

f:id:ShojiSpecial:20180307102728j:image

塗る! 今度こそ上手く色が着いたかも!☺


f:id:ShojiSpecial:20180307110039j:image

刷毛を洗い、15分経過し、マスキングテープを剥がすが…あ!! ニスがあちこち少し剥がれてしまった (@ ̄□ ̄@;)!!


f:id:ShojiSpecial:20180307110130j:image

ほとんどの場所は見た目影響ないようだが、ここだけ細くスジ状に色が落ちてしまった💦

まだ塗って一日、マスキングテープを貼ってはいけなかった…orz

まあ、また塗ればいい(^^;

 

f:id:ShojiSpecial:20180309085203j:image

ヘッド、今度こそバッチリ!☺


f:id:ShojiSpecial:20180307122414j:image

メイプル材にはニスは染み込んでしまった感じで、ツヤはない。

少ししっとりした感じになっただけだ。

あと数回、塗り重ねていこう。

 

3月9日

昨日剥がれた部分にニスを塗る。


f:id:ShojiSpecial:20180309085140j:image

よくよく見ると、結構ひどい💦 


f:id:ShojiSpecial:20180309095438j:image

塗ってすぐ拭き取る方法を試す。

こうすると、剥がれた部分だけニスが付き、他の部分の塗りすぎを防げる。

ツヤツヤだ☺


f:id:ShojiSpecial:20180309095610j:image

スジ状に剥がれたところも、ニスで埋まった。

f:id:ShojiSpecial:20180309100004j:image

ヘッド横。バッチリだ。

 

次→その14・補修第2弾…というか、ボブの絵画教室

f:id:ShojiSpecial:20180629135847p:plain

音楽制作を請け負います。 1曲仕上げるために必要な、あなたの「できない」を代行します!



Amazon.co.jpアソシエイト