自作エレキギターに挑戦!(その12・水磨ぎ)

3月7日

 

マホガニー材のニス塗りは5回!

色落ちしなくなったので、クリヤーのニスは塗らないことにしたが、ニス自体、もういいんじゃないか?

 

f:id:ShojiSpecial:20180307064210j:image

もういいでしょう😃

このツヤ! 水磨ぎは要らないんじゃないか?


f:id:ShojiSpecial:20180307064230j:image

しかし、手触りはざらっとしている。

特にネックの手触りは、演奏に影響する。

やはり水磨ぎは必要だ…(^^;


f:id:ShojiSpecial:20180307064304j:image

ヘッドは残念な箇所が…(-_-;)

ここはもう一回塗ってみよう💦


f:id:ShojiSpecial:20180307064649j:image

耐水ペーパーとパッドのセット。

前にも書いたが、不思議なことに、ペーパーか小さすぎて、パッドにはセットできない(笑)


f:id:ShojiSpecial:20180307065106j:image

ステインとニスで汚れたバインディングも、ついでに磨いてきれいにしよう。


f:id:ShojiSpecial:20180307065135j:image
前はウエスで水を付けたが、下記サイトによると、霧吹きを使うといいそうだ。

 


大きな水玉がいくつもできるくらい吹いて、

f:id:ShojiSpecial:20180307065229j:image

まずは400番で磨く。


f:id:ShojiSpecial:20180307070032j:image
ペーパーが水で張り付いて、カーブは磨きにくい💦

f:id:ShojiSpecial:20180307071204j:image
お、いかん、茶色く汚れた水が跳ねる!💦
トップを汚してしまう!

慌てて下に雑巾を敷き、跳ねないように気を付けて作業続行。

 

f:id:ShojiSpecial:20180307071355j:image

水拭きし、削り粉を落とす。


f:id:ShojiSpecial:20180307073523j:image

トップは無事だった…☺💨

ここでトップ保護のため、マスキングする。

マスキングはもう、手慣れたものだ😃

おかげで、バインディングをきれいにできなくなった(-_-;)

 

f:id:ShojiSpecial:20180307073604j:image
いくぶん滑らかにはなったが、もう少し掛けたい。


f:id:ShojiSpecial:20180307073803j:image
上記のセットは、400番の次は1000番に飛んでしまう。

急に細かくしても、前のペーパーのキズは消えないので、せめて倍の番手を使う必要がある。

そこで、別のセットの600番を使う。


f:id:ShojiSpecial:20180307074018j:image

これはちょっと切ればパッドにセットできる。これで磨き、


f:id:ShojiSpecial:20180307075732j:image

水拭き。

f:id:ShojiSpecial:20180307075452j:image

感触を確かめるため、一部乾拭きしてみる。


f:id:ShojiSpecial:20180307075837j:image

うん、大分ツルツルになった☺

もういいんじゃないかと思ったが、上記サイトには2000番までと書いてある。

やってみようか。


f:id:ShojiSpecial:20180307080946j:image

1000番。使いやすいように小さく切ってくれてるのはいいが、裏に番手が印刷されていない部分ばかりだ💦

まあ、番手毎に色合いが違うから、区別できるが。


f:id:ShojiSpecial:20180307081319j:image

ちなみに、さらに小さく切る場合は、こうしてカッターで切る。

ハサミで切ると、刃を傷めるのだ。


f:id:ShojiSpecial:20180307082531j:image

もうかなりツルツルになった☺

もういいんじゃないか? いや、行ってみよう!(笑)

 

1500番。ここからは未知の領域だ。


f:id:ShojiSpecial:20180307083051j:image

ちなみに、1500番と2000番の境目に、どっちだかわからないのが一枚…(笑)

枚数で考えると1500番のはずだが、色は2000番の物に限りなく近い💦

 

f:id:ShojiSpecial:20180307083115j:image
どちらとも色が違うが、どちらかというと2000番に近い。

しかしそうすると、各6枚入りのはずが、1500番が5枚、2000番が7枚になってしまう💦

手触りは…う~ん、どっちとも言えない…(-_-;)

わからん物は、使わないでおこう(^^;

何かの用途で、どっちでもいい時に使う(笑)


f:id:ShojiSpecial:20180307090715j:image

ネックの手触りはかなりいい!

もういいんじゃないか?…と言いながら…、

 

2000番! これはもう禁断の領域!(意味不明)


f:id:ShojiSpecial:20180307090640j:image

2000番だけ、なぜかかろうじて「2」が見えるものが3枚…(^^;

 

f:id:ShojiSpecial:20180307090912j:image
f:id:ShojiSpecial:20180307092946j:image

包丁砥ぎをしているような感覚である。


f:id:ShojiSpecial:20180307093007j:image

削り粉がいっぱい💦

何度拭いても落ちない…(-_-;)

しかし、今日はもう一工程したいので、ほどほどにする。いつでも拭けるのだから。

次は、トップにニスを塗る。

 

次→その13・トップ材ニス塗り

f:id:ShojiSpecial:20180629135847p:plain

音楽制作を請け負います。 1曲仕上げるために必要な、あなたの「できない」を代行します!



Amazon.co.jpアソシエイト